即日融資マウンテン

【最短30分】即日融資ならカードローンが便利!

いつもなら、少しは手持ちがあるのに今日に限って手元に現金がない!
でも、今日急に必要になってしまった……そんなタイミング、ありますよね。

お金が必要なタイミングまで、時間がない!そんな場合には、即日融資が可能なカードローンを利用してみましょう。

早めに申し込みをして、問題なく審査に通れば、即日融資を受けることが可能なのです。

しかし、金融機関すべてで、即日融資に対応しているわけではありません。即日融資に対応している金融機関を選んで、融資の申し込みをしましょう。

カードローンを扱う主な金融機関は、消費者金融系カードローン、銀行系カードローンの2種類です。
今日中に借りたいという方はコンピューターである程度審査するので、スピード化がはかれている消費者金融系カードローンをがおすすめです。

銀行系カードローンは即日での融資を取りやめたため、すぐにお金を借りるということはできないのです。

たくさんの消費者金融系カードローンの中で、即日融資を希望する方におすすめなのが、最短30分審査をうたっているプロミス、アコム、アイフルの3つの消費者金融系カードローンです。

上記のカードローン会社であっても、いつでもどこでも即日融資が可能なわけではありません。即日融資が可能になるポイントを押さえておきましょう。

即日融資が可能になる3つの条件

まず大切なのは、時間帯です。審査受付をしている時間帯を狙って、契約しましょう。プロミス、アコム、アイフルなどの大手は9時から21時までが審査が受け付け可能です。

そして、もうひとつ大切なのは、自動契約機の営業時間です。プロミスは、自動契約機なら9時から22時まで、三井住友銀行内のローン契約機なら9時から21時までとなっています。アコムは、自動契約機「むじんくん」なら8時から22時まで、三菱UFJ銀行の中にあるカードローンコーナーも8時から22時まで可能です。アイフルは、8時から22時までとなります。
曜日や自動契約機の設置場所によって、営業時間は異なる場合があるので、それぞれの公式サイトでも確認しましょう。

そして、3つめは借り入れ時の対応にどのような差があるかどうかです。
どんな方法に対応しているかで、即日融資が可能がどうか決まります。
大手3社プロミス、アコム、アイフルの借り入れ方法がどんな対応になっているか紹介しましょう。

プロミスなら20時までに申し込みを済ませよう

プロミスでは、アプリをローンカード代わりとして利用できます。
プロミスは「アプリローン」という名前でスマホアプリでの展開しており、他の借入方法とは違いローンカードも、銀行口座も不要という便利なサービスです。
書類の提出はスマホのカメラ機能を利用し、必要書類を撮影することで提出します。
スマホでの撮影で、書類を提出後、審査が行われます。その審査の結果、借り入れが可能となりましたら、そのままスマホアプリ上で引き続き契約の手続きができます。
契約方法は「来店」または「Web」のどちらかを選択できます。「Web」を選び、そのまま契約を完了させます。契約が完了すると、近くのセブン銀行ATMで、スマホアプリとATMの画面に従って手続きを行えば借り入れが可能です。
銀行口座も不要としたのは、セブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMでのみ借り入れが可能で、他の銀行口座は使用できません。
もしも、お近くにセブンイレブンがない場合には、使えませんので、ローンカードや振り込みなどの入金方法での借り入れにしましょう。

プロミスにはもちろんローンカードでの借り入れができます。
自動契約機、または三井住友銀行の中にあるローン契約機で契約することができ、カードの発行が可能です。7時から24時まで営業している場所が多いため、カードさえ発行ができれば日付が変わるまで借り入れが可能になります。ATMの営業時間が過ぎてしまった場合には、24時間営業のコンビニにある提携ATMを利用しましょう。

そして、振込での融資です。
プロミスには「瞬フリ」という最短10秒ほどで入金されるサービスがあります。ただし、このサービスは特定の銀行でのみの対応となります。三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、楽天銀行など多くの銀行で対応しています。
プロミスは初めての借り入れなら無利息期間が適用されます。初めて融資を受けられる方でも無利息期間があるなら、気軽に融資してもらえるのではないでしょうか。

アコムの審査回答時間は9:00~21:00

アコムは三菱UFJ銀行系の消費者金融なので、CMでも有名な無人契約機「むじんくん」だけでなく、三菱UFJ銀行の中にあるカードローンコーナーでも手続きできます
アコムでは、インターネットからの申し込みなら24時間受付自体は可能ですが、夜間や早朝などの時間帯での申し込みだと審査の開始は翌営業日からとなるので注意が必要です。
アコムの審査は最短30分とありますが、あくまでも「最短」の場合です。審査状況や審査が混み合う時間帯などタイミングによっては1時間、2時間かかってしまうこともありますので、できるだけ時間に余裕を持った早めの時間帯に申し込みましょう。

アコムが対応しているのは2種類の入金方法です。

まず1つ目は、ローンカードです。
無人契約機「むじんくん」または、三菱UFJ銀行の中にあるカードローンコーナーのどちらかで契約及び、カードの発行が可能です。アコムの自社ATMは、24時間営業しているので、深夜でもローンカードでの借り入れが可能です。

2つ目は、振込での融資です。
楽天銀行での振込なら、最短で1分ほどで振込融資を受けることができます。24時間振込可能なので、深夜でも大丈夫です。アコムでの借り入れを利用するなら、楽天銀行で口座を作っておくと便利でしょう。
楽天銀行以外での銀行での振込では、手続きする時間によっては翌営業日に振込が繰り越されてしまう場合があるので注意が必要です。

アイフルはインターネットから申し込んでさらに電話連絡をしよう

アイフルの審査の受付は21時まで可能ですが、即日融資を希望するなら、できるだけ早い時間帯に申し込みをした方が安心です。21時直前などの受付時間の間際に申し込みをしてしまうと時間内に審査結果が出ずに、翌日の連絡となってしまいます。
変則的な裏技ですが、審査の受け付け時間終了間際に申込みをした場合には、インターネットでお申し込みをした後にアイフルに直接、お電話で連絡をしてみてください。場合によっては、優先的に審査を開始してくれます。
また、終了間際でなくとも、急ぎの場合には電話連絡をすることによって、優先順位を早めてくれる場合がありますので、即日融資を希望なら電話してみることをおすすめします。電話番号はアイフルにインターネットでの申し込みをしたら届く「カード申込・受付完了メール」に記載されています。
電話の受け付け時間も、審査の受け付け時間と同じ9時から21時までなので、メールが届いたらできるだけ早くに電話連絡をいれましょう。

アイフルでの借り入れの場合、借り入れの方法によって即日融資が受けられない場合もあるため、注意が必要です。

まず1つ目は、ローンカードです。

無人契約機の営業時間内に契約を行い、カードを発行すれば、併設されているアイフルのATMでの借り入れができます。また、コンビニに設置しているATMであれば融資を受けるのは24時間可能です。

2つ目は、振込での融資です。

平日のお申し込みなら14:10までに手続きをしないと、銀行の営業時間が振り込みの時間に関係するため、翌営業日の融資になってしまうため注意が必要です。
即日融資が必要な方は午前中に契約、審査、振込のすべての作業を済ませましょう。

3つ目は、スマホのアプリです。

スマホのアプリをローンカードの代わりとして利用することができます。スマホのアプリで、セブン銀行ATMでの借り入れができます。
スマホアプリでの契約はスマホで完結するので、自動契約機へ来店する必要はありません。
スマホアプリでの契約を完結させておけば、いつでも借り入れができるようになり、セブン銀行でのATMでの借り入れが可能です。プロミスと同様で、もし、お近くにセブンイレブンがない場合には使えませんので、ローンカードや振り込みなどの入金方法での借り入れにしましょう。

在籍確認できない!そんな時には「WEB完結」

借り入れの申し込みをした後、審査のひとつの項目として、「在籍確認」というものがあります。カードローンを契約するためには、職場で勤務の実態があるかどうかの確認するために「在籍確認」というものがあります。これは、勤務している職場に電話して、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」などといった電話での確認を行うことです。そのため、電話を受け付けていない職場の休業日などに即日融資したい場合には、在籍確認ができないので審査がそこで止まってしまうのです。

しかし、SMBCモビットの「WEB完結」では、この「在籍確認」を省略しており、電話連絡等を行わずに契約を完了できます。

SMBCモビットの「WEB完結」には条件があり、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のうちのどれかに銀行口座を持っていることと、社会保険証または組合保険証を持っているが必要になります。

ここで注意が必要なのは、アルバイト勤務の方や自営業者の方などが加入している国民健康保険証では契約できないという点です。

社会保険証、組合保険証は、会社名などが書いてあるので、その職場で働いていることを証明できる書類となるのです。そのため職場への電話確認なしでも即日融資の契約ができるのです。

SMBCモビットでも最短30分の審査が可能としていますが、「平日19時までに申し込みをした場合」という条件が付いています。
在籍確認をしないため、書類の確認等がより厳しく審査されます。また、他の消費者金融のカードローンでは、借入希望金額が50万円までや、借り入れ金額の合計が100万円以上の場合にのみ提出が求められる収入証明書をSMBCモビットの場合、借り入れの金額に関係なく提出を求められる場合が多いようです。
SMBCモビットは最短30分審査に対応していますが、他の大手消費者金融と比較すると審査のスピードはゆっくりとしていることと、「平日19時までに申し込みをした場合」は最短30分審査に対応とあることから、できるだけ午前中に手続きを進めていくのが安全でしょう。

SMBCモビットの「WEB完結」以外なら、アイフル、アコムであれば在籍確認の方法について相談することができます。
インターネットやスマホなどのオンライン上から申し込みをした後に電話で直接、連絡をして、職場が休日である旨を伝えて、代替案はないかを相談してみましょう。

即日融資のための5つのステップとは?

まずは、「1.申し込み」から始まります。そして、その後「2.審査」に入り、「3.審査結果の連絡」があり、その後「4.契約手続き」を経て、ようやく「5.借り入れ」となります。

この5つのステップを経て、融資が可能になります。
即日融資ができない場合というのは、この「3.審査結果の連絡」がなかなか来ない、進まないことによって即日融資が不可能になる場合が多いでしょう。
昨今は、スマホでの契約で、借り入れが可能な消費者金融が増えています。
スマホやインターネットなどのどこにいてもできるオンライン上から先に審査に通過しておくと時間が短縮できるでしょう。

【スマホで楽々】オンラインでの契約がおすすめな理由

カードローンといれば、自動契約機の前で契約する、というイメージがありませんか?インターネットやスマホアプリなどオンラインでの手段が発達した現在は自動契約機で最初から申し込みの手続きをするのは効率的ではないといえるでしょう。

融資のための審査にはどんなに短くとも最低30分がかかるものです。その審査の結果を待つ間、自動契約機内でじっと過ごして待つというのは効率ではありませんよね。

しかも、その審査が否決であれば、その待ち時間はまるまる無駄になってしまいます。そこで、スマホやパソコンなどのインターネットから先に申し込みをおくのです。そうすれば、無駄な時間を大幅に短縮することが可能です。

ある消費者金融系カードローンでは、9割の方がスマホ経由での申し込みを行っているというデータもあるくらいです。

審査結果が早いのは?SMBCモビットかレイクALSA

SMBCモビットは、必要最低限の申し込みの情報で簡易的な審査を行うため、申し込みが完了した後、10秒程ですぐに画面に結果を表示します。
これは、あくまでも簡易的な審査なので信用情報や在籍確認などの確認を行なっていく本審査の過程で否決される場合があります。申し込み後の簡易的な審査で結果が大丈夫だからといって、100%審査に通るわけではないので、注意が必要になります。

レイクALSAは、通常の営業日なら8時10分から21時50分までの間は申し込みが完了するとすぐに画面に審査の結果が最短15秒程で表示されます。但し、上記の時間外での申し込みだと、翌営業日以降に審査結果の通知が行われるので、即日融資は難しいでしょう。

このような審査のスピード化の裏には、申し込みの内容をコンピューターが点数化し、これまでの利用者の情報と照らし合わせることで融資可能かどうかをスピーディーに審査することができるようになっているためです。

しかし、このコンピューターでのスピード審査は、ある意味「仮審査」であり、信用情報や在籍確認などの「本審査」では、合否が分かれる場合があります。しかし、無駄な時間を省きたい即日融資を希望する方には心強い判断基準でもあります。

最短30分審査のカードローンでも即日融資できないケースとは?

最短30分を謳うスピーディーな審査のカードローンでも即日融資ができない場合があります。それはどんなタイミングでしょうか?
カードローンの審査の受け付け時間を過ぎてしまっている場合です。

カードローンはインターネットやスマホアプリなどのオンライン上なら24時間いつでもどこでも申し込みが可能です。しかし、深夜や早朝は審査の受け付け時間の対象外となります。大手の消費者金融だとだいたいが21時前後まで受け付けするカードローンが多く、もしも、それ以降に申し込みをした場合には借り入れができるのは早くても明日になることが多いです。

大手消費者金融系カードローンの受け付け時間は、プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットは9時から21時まで、レイクALSAは8時10分から21時50分までとなっています。レイクALSAが他の4社よりも少しだけ遅い時間まで対応してくれているので、8時45分から21時50分までであれば、即日融資が受けられる可能性があります。

書類の提出は絶対必要!準備が肝心!!

オンライン上や自動契約機での申し込みの内容を確認するために運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの顔写真が入っている本人確認のための書類が必要になります。
また顔写真が載っていない健康保険証しか持っていないという方は、健康保険証とは別に、公共料金の領収書、住民票など現在住んでいる住所を証明できるものが必要になります。

仮審査の結果が合格となり、本審査に進む際には、書類を出さないことには正式な契約には進めません。そのためには、前もって必要になる書類を事前にしっかりと準備しておくと良いでしょう。

収入証明書の提出が必要な場合もあります。
それは、借入の希望金額が50万円を超える場合や、他社での借り入れ金額と今回の希望借り入れ金額の合計が100万円を超える場合は、貸金業法に指定されており、必ず収入証明書の提出がになります。

また、上記の条件以外にも、収入が不自然に高い場合や、本当に職場で働いているかが怪しいといったケースの場合にも、収入証明書が必要になる場合があります。

収入証明書とはどんな書類?

収入証明書とは、会社員の方は源泉徴収票、自営業者の方は確定申告書のこととお考え下さい。
いずれも最新年度のものを求められます。
源泉徴収票がまだないという、勤続年数が1年未満の会社員の方は直近2ヶ月分の給与明細などでも対応可能です。

金融機関によっては必要な書類が違う場合もあるので、申し込みの前に確認しておきましょう。

2人に1人しか借りられない?!意外に低い成約率

大手の消費者金融が即日融資に対応しているといっても、審査に通るのが簡単だというわけではありません。消費者金融にカードローンの申し込みをした人のうち、問題なく契約ができているのはおおよそ50%の確率だといわれます。
これは、2人に1人は審査で否決されるなどして、契約を結ぶことができないということです。

大手の消費者金融の成約率は、プロミスで45.4%、アコムは43.9%、アイフルは45.4%、レイクALSAにいたっては29.73%となかなかの狭き門となっているのが現状です。

ではできるだけ、審査に否決されないようにするにはどうすればよいのでしょうか?

リスクを減らして合格率をあげるには?

リスクを減らして合格率をあげるために、実践してほしいこと。それは、「必要最低限の借入金額にする」ということです。借り入れの金額が大きくなればなるほど、審査の基準は厳しくなります。せっかく借りるのだから、念のために多めに借りておこうという心理が働くかもしれませんが、その心理は捨てて、必要な分だけ借り入れすることにしてください。
限度額は後で増額することが可能です。なので、まずは必要最低限の金額で申し込みをしましょう。入力の内容や提出書類の不備は自分自身にとってもですが、金融機関にとっても余計な手間を増やしてしまいます。それはイコール信頼を損ねてしまう原因にもなりかねません。審査はコンピューターによる審査かもしれませんが、最終的には人である担当者が合否を判断します。したがって、悪い印象を持たれてしまうようなことは避けた方が無難でしょう。入力時には入力内容に間違いがないかをよく確認し、本人確認などで直接電話がかかってきた場合には丁寧な対応を心がけましょう
そして、気を付けたいのが、複数社へ続けて借り入れの申し込みをすることが控えた方が良いでしょう。合否が分からない審査待ちの状態が続き、不安に思う気持ちも分かりますが、消費者金融などの金融機関は信用情報機関から、申込者の契約状況、借入状況などすべての情報を把握することができます。そのため、短期間に複数の金融機関に申し込みをしていることが分かると怪しまれてしまい、否決されてしまうこともあるのです。借り入れの申し込みは少なくとも2社程度までに留めておきましょう。

カードローンでカード発行するなら、自動契約機の営業時間に注意!

カードローンで借り入れをするためには、自動契約機でカードの受け取りをする必要があります。審査が終わっていても、カードを発行しないと借り入れはできません。もし何らかの事情で、自動契約機の営業時間内に行けずに自動契約機の営業時間が終了してしまうと即日融資が難しくなります。
消費者金融各社の自動契約機の営業時間はだいたいが21時までのところが多いので、それまでにカードの発行を済ませておきましょう。
自動契約機でカードの受け取りが難しいという方は、ホームページやスマホアプリなどのインターネット上で契約までを済ませおき、スマホアプリで借り入れをすると良いでしょう。今のところ、スマホアプリをローンカード代わりとして使えるのはアイフル、プロミス、SMBCモビットの3社になります。また、利用できる場所はセブン銀行ATMだけとなるので注意が必要です。

振り込みできない?!銀行の営業時間にも注意が必要!

振り込みでの融資を希望するなら、銀行の営業時間にも注意が必要です。銀行はどこの銀行でもだいたい平日の15:00以降と土日・祝日などは営業していません。そのため、振り込みの依頼をしても入金があるのは次の銀行の営業日となってしまいます。金曜日の夕方に振り込みを申し込むと、月曜の朝にしか入金できないという可能性があるのです。
しかし、どの銀行でも対応できないというわけではなく、最近では24時間の振込に対応している銀行も多くなってきています。また、消費者金融と銀行の提携により振り込みの実行に差があります。アイフルとSMBCモビットは、提携している銀行が少なく、即日融資という点では銀行口座が限定されてしまいます。
プロミスとレイクALSAは三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、楽天銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行など多くの銀行が即日融資の振り込みに対応しているため、審査・契約が終わっていれば手続き後にすぐの振込も大丈夫でしょう。

銀行系カードローンでは即日融資できない!

今回の記事で、大手消費者金融系カードローンばかりを紹介したのは、銀行系カードローンでは即日融資ができないからです。銀行が扱うカードローンについては即日融資を取りやめたため、どの銀行であってもすぐにお金を借りることはできません。消費者金融などの貸金業者については法規制は強まりましたが、銀行が行う融資に対しての規制が緩く、支払能力を超えて借り入れをしてしまう消費者が減りませんでした。そのため、銀行全体が過剰貸付を防止して健全な借り入れとなるように、という流れがあり、2018年1月より審査の過程で警察庁データベースへの照会が必須となりました。この警視庁データベースの照会結果が出るまでに時間がかかるため、どんなに早くても1営業日以上を要するようになりました。しかし、この流れによって反社会的勢力に資金が流れることが難しくなりました。そのため、銀行カードローンは即日融資制度を廃止したのです。

中小消費者金融系カードローンの即日融資とは

アイフルやアコム、プロミスなどの大手の消費者金融と比べると、知名度が低い規模も小さい消費者金融の方が審査基準は甘いと言われています。中小消費者金融系カードローンの審査が甘いと言われるのは、大手とは異なる審査方式をとっているためです。中小消費者金融系カードローンでは、コンピュータによる点数化での仮審査というステップがないからです。その時点でふるい落とされることがないため、審査が甘いと思われがちですが、そうではありません。
大手の審査に落ちたということは、返済能力に関して何かしらの不安材料があり否決されたということです。そのような返済能力が低い人への融資は、返済についても不安定で、ときには債務整理になることもあります。その場合、事業規模が小さい分だけ貸し倒れが起きたときのダメージは大きくなります。したがって、本来なら中小消費者金融系カードローンは大手よりも審査基準が厳しいはずなのです。
もしも、「審査が甘い」「柔軟に審査します」などといった甘い言葉を使っている勧誘している金融業者は、もしかすると闇金などと言われる違法な金融業者の可能性があります。万が一にでもそのような金融業者から融資を受けては大変です。中小消費者金融系カードローンを利用する場合には充分な注意が必要でしょう。

即日融資のためのポイントは4つ!

1.朝、少なくとも午前中の時間帯に申し込みを開始する
申し込み時間が早ければ早いほど、審査にかかる時間を気にせずに融資を受けられます。できるだけ早い時間帯に申し込みを実行しましょう。
2.短期間に複数の金融機関に融資を申し込まない
連続で複数の金融機関に融資の申し込みをすると、信用情報の確認の際に困窮しているのではないかと悪印象を持たれる可能性があります。少なくとも2社程度にとどめましょう。
3.在籍確認しやすいように職場に連絡がつく日に申し込みを行う
カードローンの契約には、審査にあたって在籍確認が必要なものがほとんどです。できるたけ在籍確認できる日程で申し込みましょう。
4.借り入れ金額は、必要最低限の金額にする
借り入れ金額が、高額になればなるほど審査の基準も厳しくなります。必要最低限の金額に抑えて融資を受けやすくしましょう。
上記の4つのポイントを押さえれば、即日融資できる可能性は各段に上がります。ポイントを押さえて、無駄な時間を浪費せずに、即日融資を受けましょう。